ファットカットロスの中身を徹底分析【成分は何?】

ファットカットロス 成分

 

今話題になっているダイエットサプリメントであるファットカットロス。

 

このファットカットロスに含まれている成分には何があるのか、危険な成分や副作用はないのか、今回は詳しくご紹介していきます。

 

 

ファットカットロスに含まれている成分

 

まずはファットカットロスに含まれている有効成分を載せておきます。

 

白インゲン豆エキス末、ギムネマ抽出物、サラシア末、黒コショウ抽出物、コレウスフォルスコリ末、システインペプチド含有酵母エキス、ビール酵母、ブラックジンジャー抽出物、デキストリン、セルロース、トレハロース、ゼラチン、ステアリン酸カルシウム、着色料(二酸化チタン)、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、シクロデキストリン、ビタミンE、香辛料抽出物、ナイアシン、パントテン酸Ca、など

 

ファットカットロスに含まれている成分には、ダイエット効果のある成分をしっかりと配合しています。

 

この成分には、脂肪燃焼効果や整腸作用がある成分が入っているのです。

 

身体に害を及ぼすような、重篤な副作用を引き起こしてしまうような成分は入っていないのですが、アレルギー体質の方は、成分表をしっかりと確認して飲むようにしましょう。

 

なお、過剰に摂取してしまうと、効果が出過ぎてしまったり、整腸作用が強く出過ぎてお腹を壊してしまうこともあるので、目安量以上のものを飲まないように注意は必要となります。

 

 

白インゲン豆エキス末

 

白インゲン豆から抽出できるエキスとなります。

 

この白インゲン豆エキス末は、上質なタンパク質を含んでいて、栄養価が高いものです。

 

主な成分としては、デンプンの吸収を阻害してダイエット効果を高めてくれます。

 

体質にもよるのですが、過剰に摂取しすぎてしまうと吐き気やおう吐、下痢などの副作用が起こることもあるので、注意しましょう。

 

 

ギムネマ抽出物

 

アーユルヴェーダなどでも使用されるインド原産のハーブとなります。

 

このギムネマの成分としては、糖分の吸収を抑制して、血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあります。

 

糖尿病の予防や肥満防止、便秘解消効果が期待されています。

 

危険な副作用は報告されていないので安全性の高い成分と言えます。

 

 

サラシア末

 

サラシア末は、サラシアの木から抽出される成分となります。

 

このサラシナ末の成分は、摂取した食べ物の糖質の吸収を抑えてくれる効果があります。

 

糖質を摂取しすぎると肥満になってしまうのですが、サラシアの成分はその糖質の吸収を抑えてくれる効果があります。

 

植物性の成分となりますので、大きな副作用もなく、安全性のたかい成分となります。

 

 

ファットカットロスのより効果的な飲み方は?

 

ファットカットロスは、1日に2粒を目安にして、お水やぬるま湯で噛まずに飲んでください。

 

飲むタイミングとしては、消化吸収がよくなる食後に飲むことがオススメポイントです。

 

ファットカットロスはサプリメントになるので、どのタイミングで飲んでもOKです!

 

>>ファットカットロスの詳細はこちら